メインコンテンツにスキップ

ヘアーセラムの効果を100%引き出す、「熱」の重要性

ヘアーセラムの効果を100%引き出す、「熱」の重要性

「ans.craft ヘアーセラム」の効果を100%引き出す方法。
それはずばり「熱を加える」ことです。


でも、熱って髪にダメージを与えるんじゃ……?
髪の傷みが気になっている方ほど、心配ですよね。


しかし、ご安心ください。ans.craft ヘアーセラムには、熱反応によって補修効果が高まる成分γ-ドコサラクトン)が配合されているから、むしろドライヤーや低温アイロンで熱を加えていただくことで、補修効果が発揮されるんです。

 

ヘアーセラムをスプレー後、粗めのコームで髪全体になじませたら、ドライヤーや低温アイロンで熱を加えてください。

こうすることで、補修成分が髪表面に吸着・保護。洗っても落ちにくくなり、補修効果が長続きするんです。さらに、うねり抑制※や枝毛抑制も期待できます。

熱ダメージから髪を守りながら、髪に潤いと栄養を与え、補修してくれますよ。



そもそも髪にとっては、「濡れたまま乾かさずに寝ること」が一番よくありません。洗髪で開いたキューティクルが、寝具との摩擦で傷つき、髪内部から水分やタンパク質などの栄養が抜け出してしまいます。

お風呂上がりは、できるだけドライヤーで髪をしっかり乾かすようにしましょう。

 

そして、どうせ髪を乾かすなら、ぜひans.craft ヘアーセラムを吹きかけてから乾かしてください。このひと手間で、「感動の手触り」を毎回お楽しみいただけるはずです。


ちなみに……

1つ注意していただきたいのは「熱の温度」です
特にヘアアイロンは、高温になりすぎないようにお気をつけください。

あまりに高温だと、髪のタンパク質が「タンパク変性(炭化)」してしまうからです。タンパク変性を起こす温度は、濡れた髪の場合は約55〜60℃乾いた髪の場合は約130℃といわれています。



ドライヤーは、いつも髪を乾かす温度で問題ありません。
髪に近づけすぎないように注意しつつ、ドライヤーを細かく振りながら乾かすことで、熱や風が広範囲に伝わり早く乾かすことができます。

ヘアアイロンの場合は、できれば100℃以下、または設定できる中で一番低い温度で、同じ箇所に2秒以上の加熱はしないように。低温でもヘアーセラムの成分はちゃんと熱反応して補修するので、まとまりにくい髪もしっかり整います。

 


さて、ここまで「熱」の重要性を説明してきましたが、実は乾いた髪になら、ヘアーセラムは熱を加えなくても十分な「さらさら、ツヤツヤ」の手触りを得られる処方です。

朝のヘアセット時はもちろん、外出先で髪のパサつきが気になる時にも、シュッとひと吹きするだけで髪にうるおいを補給して手触りよく整えられるのが、ミストタイプの便利なポイントです。


けれど、うねり抑制※や感動を生むほどの仕上がりを求めるなら、やはり「熱の力」を活用してくださいね。



ans.craftに興味を持っていただいた方は、何かしら自分の髪に不満があり、期待をしてくださっていると思います。

せっかくなら、しっかりした感動を驚きを、あなたの髪でも感じていただきたいから。ぜひ、「熱を加える」一番効果的な使い方で、変わる髪の質感を体験してくださいね。

※うねり抑制…潤い成分が髪のパサつきを抑え、補修成分のスタイリング効果による髪のまとまり

アカウントに戻る

カート

カート内に商品がありません
買い物を続ける